メニュー

浅草今半 | 惣菜の検索結果一覧

浅草今半

アサクサイマハン

浅草今半は、明治28(1895)年に創業者・髙岡伴太郎が岡山より上京、畜産の仕事に着眼し本所吾妻橋に牛めし屋を開店したのがはじまりです。
様々なルートで食に適さない牛も出回っていた明治時代、港区芝白金の今里村にあった政府官許の牛の屠場から新鮮で安全な牛肉を仕入れ提供する店という意味を示すために、今里村の「今」の文字と、創業者の名前から一文字をとり、「今半」(のちに「浅草今半」)となりました。お客様へ、安心して召し上がれる美味しい商品を提供したいという想いは創業時から現在まで浅草今半の基本となっています。
現在では、レストラン店舗のほか佃煮・精肉・弁当のせ製造販売を通じて、全国の皆様に「浅草の粋」をお届けしております。
浅草今半で「すき焼」を召し上がったお客様の「この味を是非家へ持ち帰りたい」との言葉をヒントに、三代目・高岡元一が研究に研究を重ね昭和20年に商品化されたのが、浅草今半の看板商品である「牛肉すきやき佃煮」です。元一は、日本古来の佃煮という食文化に、浅草今半は「すき焼」のエッセンスを注ぎ込んだのです。元一が研究に注いだ意気込みは、身体に染み付いた牛肉の移り香となり、当時浅草の話題になったと伝えられています。
その後、徐々に商品ラインナップを拡大、まろやかな牛肉の旨味が特徴の「牛肉佃煮シリーズ」は、ご進物の最適品として、又、お酒の肴やご飯のおかずにと、全国各地の皆様にご好評いただいております。

  • 絞り込み
ブランド
アイテム
価格
¥
~ ¥
店舗
表示件数
並び順

1件~3件(全3件)