メニュー

東京ひよ子 | 和菓子の検索結果一覧

東京ひよ子

トウキョウヒヨコ

大正元年(1912年)、福岡県飯塚市で名菓ひよ子は誕生しました。
明治半ばより続く菓子舗吉野堂、二代目店主 石坂茂は菓子作りでも従来の丸い形ではない、もっと愛される饅頭づくりをいつも考えていました。
そんなある日、夢の中に現れたひよこ。
その愛らしさにやっと探していたものと巡り合えたと感じた二代目は、その形づくりに没頭します。
当時、丸や四角しかなかったお菓子の世界で、立体的な、しかもひよこの形をしたお菓子は誰もが想像すらしなかったものです。
試行錯誤の末、独特の木型とともに愛らしい形の饅頭「ひよ子」が誕生しました。その愛らしさが「名菓ひよ子」の始まりです。
飯塚市はシュガーロードと言われた長崎街道の宿場町として古くから賑わっていました。
その町で茂は南蛮焼菓子と日本古来の蒸饅頭の技を合わせ、名菓ひよ子を産みだしたのです。
三代目の石坂博和のときには、昭和32年(1957年)の酉年に福岡市に出店、一等地である新天町(現・天神2丁目)に店を構えました。
ひよ子は博多でも人気を博し、九州名物と言われるまでに成長しました。
さらに日本一の菓子屋を夢見た博和は、東京オリンピックや東海道新幹線の開通で賑わっていた昭和39年(1964年)には埼玉県に工場を構え、東京でひよ子が販売され始めました。
東京ひよ子の誕生です。
昭和41年(1966年)東京駅八重州地下街に東京1号店を出店、やがて東北新幹線開通とともに“東京土産”としても愛されるようになりました。
愛くるしい姿となめらかな黄味餡たっぷりの名菓ひよ子。
筑豊飯塚から福岡へ、東京から全国へと知れ渡り、おかげさまで本当に多くの皆様に愛されるお菓子となりました。
これからも創業からの想いを受け継ぎ、人々に愛されるお菓子でありたいと願っています。
やがて世界の人々のしあわせなひとときと巡り会うために。ひよ子は私たちの想いと共に翔ばたいてまいります。

  • 絞り込み
ブランド
アイテム
価格
¥
~ ¥
店舗
表示件数
並び順

1件~2件(全2件)